COVID-19に関する臨床試験等の話

区議会議員のお役目をいただく前、いわゆる「治験」というジャンルに携わるお仕事してました。なので最近時々ちらほら目にする新型コロナウイルスに関しての治療薬候補云々の臨床試験状況とかがとっても気になるこの頃。

 

大した事じゃないですけれども、なんか業界的な人なら「あーそうそう」とか少しくらいはウンウンしてもらえそうな事を何回か書いたような気がするなーって思ったら、2回しか書いてなかった件。別にまぁいい。トイレのお供程度で結構ですのでお時間ありましたらどうぞ。

 

中途半端な話をひとつ。(2018.5.25)
お薬の話 (2015.11.9)

 

世界中で色んな研究が走ってます

世界的に有名なサイトといいますか、登録制のものではありますが世界最大といっていいくらいのデータベースがありましてね、昔からなんか調べ物とかあったりするとここをよくみてたわけなんですが、コロナウイルス、COVID-19で検索するととりあえず365件ヒット。

 

すべてがそうというアレじゃなけれども、ざっくりと数百はなんらかの研究をしているんであろうということはわかります。もう終わったものだったり参加者募ってるものだったり、はたまたこれからやる予定のものだったり。適切な計画で、定められたルールを経て、研究ってそういうものです。

 

普通のイメージだと、医学的な研究っていうのは治療薬とか診断とかに固定されちゃいがちなんですが、色んなタイプの研究があるんですよ。もちろん期待されるような治療薬候補の効果や安全性をみるタイプもありますし、そういうのではなく経過観察だけでどういう背景がある患者さんでどういう治療をしたとかそういうまとめるタイプだったり。

 

どれも色んな方面でとても大切な研究です。しっかりとした根拠のある試験計画を立て、然るべき倫理委員会的なところで審査もされ、規制当局の許可も受けてるもの。こういうのすっ飛ばしてるのは怪しい。

 

それにしてもざっと見るだけでも、メディアで見聞きする2,3種類の治療薬候補だけじゃなく、もっとたくさんの候補になりうる薬剤(既存の薬、新規の化合物)などで研究・試験が走ってるのがよくわかります。

 

 

お、これが例のイギリスでのワクチン云々ってやつか

公開されている内容ですと、Phase I/II(ヒトで最初の試験、安全性と有効性を一緒にみる試験)で、ワクチン候補1回打つ群、髄膜炎菌結合型ワクチンと思われるやつ1回打つ群、ワクチン候補2回打つ群とかに分けると。ほう。

 

観察6ヶ月という項目があるので、途中で当然中間解析やって、最短で緊急承認求めていくような計画なのかなって、そういう感じに見えます。なんとも言えないけれども。

 

試験参加は18〜55歳ね、ふんふん。もちろん臨床試験には「参加できる人」「参加できない人」の基準が細かく決まっています。どちらかというと「参加できない人」の方が項目決められてる方が多く、それはちゃんとした理由があってのものです。結果に大きく影響を与えそうな場合とか、効果が明確にならなさそうな場合とか、あとはもちろん安全性。これは仕方ないこと。

 

例えば、このイギリスのワクチン試験の場合、参加できない人は、BMI40以上の肥満、軽度の喘息を含む呼吸器疾患、試験参加に影響ありそうな精神疾患、過去60日以内に発熱・咳・息切れとかない人、今年に入ってから中国に行ってない人、などなど書いてある。山盛りありまっせ(普通)。

 

『効果がある』っていう根拠は何?

どんな研究でも試験でも、目的というものがあります。そこで結果がでたら成功、と考えてもらえればまぁ間違いではないです。そして大抵の場合、そのゴールは複数あって、効果というものは総合的にみるべきものです。

 

例えば、服用した人100%で劇的に熱を下げる薬があったとしても、服用した人50%で蕁麻疹がでますというようなものだったらどう思う?効果と安全性のバランスが大事。

 

さて、そのワクチン試験のゴールなんですが、公開されている情報によりますと

メインの目的:有効性(ウイルス学的に症状有りケース数、PCR陽性数)と安全性(重篤な有害事象)

サブの目的:ワクチン摂取後7日・28日・6ヶ月後の安全性、死亡数、入院数、ICU率、抗原、抗体

 

こんな感じの模様。ワクチンと治療薬はまた別のものですけれども、ふむ、有意な差がでるといいなあ。

 

さて、国内ではどうなんでしょう

で、同じサイトでどの地域でどのくらい研究が走ってるかをマップから見ることもできまして、検索してヒットした365件の分布図がこんな感じ。アメリカさんとヨーロッパさんが多く、次に中国さん。

 

そして我らが日本は4試験(あくまでも登録数)。しかも、グローバル試験的に海外でやってる試験に日本の施設もありますよ、という類のものなので、日本単独でやってると思われるものは入ってない。残念。日本はもちっとこういうところもがんばった方がいいと思うと常々思う。せめて登録。

 

で、この4つの試験を見てみると、ワクチンじゃなくて治療薬候補2種。抗ウイルス薬とモノクローナル抗体。実施体も企業スポンサーが3件、研究所的なとこの主導で1件。

 

みんなこういうの興味ないかもしれないけど、ちょっと概要だけまとめてみますね。

USさん研究所主体:572名、抗ウイルス薬 vs プラセボ、68施設(日本1)

S社:300名、モノクローナル抗体 vs プラセボ、19施設(日本1)

G社①:6000名、抗ウイルス薬 vs 標準治療薬、179施設(日本3)

G社②:1600名、抗ウイルス薬 vs 標準治療薬、178施設(日本3)

 

ここに出てないけどR社もF社も頑張っていただきたく。治験に関わる医療従事者だけでなく、治験に関わるメイン企業やサポート企業の努力もあり、そして日々診療や治療にあたるたくさんの方々にお礼しか言えないや。


 

東京都感染拡大防止協力金 申請受付始まりました

 

東京都の感染拡大防止協力金のポータルサイトがオープンしました。アクセスが集中して繋がりにくくなると考えられますので、同じ資料をご用意してますのでこちらのサイトからもご利用ください。

 

オンライン申請の申し込みはこちらです。

 

 

申請にかかわる書類は↓からダウンロードを

 

申請受付要項

協力金申請書兼事前確認書

協力金申請書 記入例

支払金口座振替依頼書

支払金口座振替 記入例

誓約書

誓約書 記入例

 

当てはまる方、是非に


 

報告会の代わりにご報告をします その2

前回に続き、報告会をやるのであればそこでご報告しようと思っていたことなんですが、「保育園などの建て替えに伴う仮施設を建てる際、公園の土地使用料として東京都が港区に約5,000万円要求してきたけれども、最終的には無償となった話」です。

 

 

あれは確か今年1月の委員会

委員会後のいつもの復習(2020.1.22 港区議会 保健福祉常任委員会報告)にもあるように、台場コミュニティぷらざの改修工事をする時にお台場レインボー公園の中に仮施設を建てて、そっちに保育園とかそういうの移動してから元の建物の改修工事をしていきます、という報告がありました。1月に。

 

で、その時にお台場レインボー公園の土地所有者様であります東京都殿より、「たとえ仮設としてでも保育園を建てるのというのであれば、土地代の半額は支払いなさい。タダは許さぬ」と、キビシー条件を付けられて困っていると。そして港区は頑張って粘って交渉しているけれども、トホホな扱いを受けているというお話でありました。

 

規程があるらしい

東京都の内部規定で「公園外の目的外利用の使用料は、公共的な利用に関するものについては50%減免」的なものがあるようなんですね。なので、これを根拠に、土地所有者様であります東京都港湾局臨海開発部様が「半額上納せいや、コラ」と。

 

ただ、大概はなんでもそうなんですが「首長が必要と認める場合」という例外規程はもれなくついているのが多々あるわけで、港区としては「助け合おうよ認めてよ」とお願いをし続けていたと。

 

なお、港区は以前にも同じ様な事で国にお願いをして無償を勝ち取ったという事例もあります。昨年4月にオープンした、港南緑水公園の中にあるゆらりん港南緑水保育園というところです。都市公園法という法律の中で「公園の中に保育園建てて良いですよ」というものから、土地所有者様であります財務省関東財務局殿から無償をもぎ取っております。国が理解してくれても、都は理解してくれないってそんな話あるもんかと、区役所の職員さんは頑張って交渉をしていたわけなんですが、常にバッサリ斬られていたらしいという事を聞いたら、そりゃこっちだって心を痛めますよそりゃ。

 

そうだ、都議会議員に相談しようそうしよう

そんなことで、「ねえ港区が困ってるんだけども」と、その報告があった委員会終了直後にかんの弘一都議会議員に相談をしましてね。違うな、石より硬い文句をふわふわワタアメみたいな相談という柔らか素材で包んだ「東京都どうなっとんじゃい!」という豪速球を放り投げてみた感じ?

 

色んな方の色んなご尽力のおかげをもちまして、3月に東京都殿から「無償でよろしい」というお手紙もきたようで、みんなハッピー。どうもありがとうございました。という内容の動画を5分でまとめるという、別に動画なんかにする必要なんかこれっぽっちもないじゃないと言われるかもしれないけれど、そこはまぁ報告会したらお話する内容だったのでご勘弁願いたい、という話でした。

 

そんな東京都の「感染拡大防止協力金」

 

 

 

  • 東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター(相談窓口)
    開設時間 9時~19時(土日祝日を含む毎日)
    電話番号 03-5388-0567

 

現在開催されております東京都議会。ここで補正予算が成立すると、メディアでやんや言われている店舗に対しての協力金が支給されることになります(該当するところには)。↑のサイトに見に行った方はよくご存知だと思うんですが、まぁなんと言いますか、色んなものがとにかくわかりにくい

 

そんなことで、自分が理解をした上で人に伝えられるようにするにはどうしたら良いのかと考えて、「そうだ、自分がわかる資料を自作しよう」ということになり、こんな物作ってみたはいいんですが、対象外となるところもとても多そうでとっても残念であります。内容は無い様でもとりあえず出しましたと言わないでも丸わかりな詳細の無い東京都の施策に文句を言いたい。

 

 

こういう時にしかじっくり見れないので、明日の都議会のネット中継はみようかなって。


 

 

報告会の代わりにご報告をします

人 <—————-> 人
2m

 

お約束通り、4月の中旬を目処にしますとお伝えしてたもののご報告。「この時期にこんなことやってんじゃねーよ!」とは怒らないでください。お約束なもので。第2弾はちょっとお時間ください。


 

今一度、新型コロナウイルス感染症が心配な時

今更感は否めないですが、改めておさらいをしてみますのでお付き合いください。例えば受診の目安とか。いろんなところがいろんな情報出してますが、「…で、結局どうなの?」と行政からの情報って正直ひたすらわかりにくい。

 

いろんなことが「陰謀だ!」とか「政治が許せない!」という方達もたくさんいると思いますが、それはまず置いといて、現時点で知っておくべき情報ということは知識として備えておいてください。自分だって思ってるよ、おかしいだろと。

 

あれ?ひょっとして...?と思ったら

↑は東京都福祉保健局のサイトです。フローチャートという形で「こういう時はここへこういう感じで連絡」という、比較的わかりやすい図になっています(デザインはさておき)。図が見にくい方はこちらの受診・相談目安フローPDFでご確認ください。

 

また、↓の東京都感染症情報センターのサイトでも同じようなことが書かれています。文章で。

そこから飛ぶリンク先、やっぱり文章だとチラチラ目移りするし、読みにくいですよね。と、自分のブログの文字ばっかりと長さを米粒の半分くらい反省しつつ、次に進みますけども。

 

感染症情報センターからリンクで飛ばされる先のURLみると、www.mhlw…とあるから厚生労働省。下のほうに

 

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

 

ここも重要だと思われます。今のところは情報変わってませんので、先はわかりませんけれども。

 

要はつまり、港区の皆様の場合でいいますと

こういうことですよね。頭のメモにおいておいてください。

 

心配だったり電話が繋がらないことだってあると思います。自分だけがそうなんじゃなくて、みんなそうですし、また保健所もフル回転で頑張っている現実をほんの少しでもメモっておいてください。先はわかりませんけれども現時点ではこうです。

 

おっと、やたらめったら連絡するべしと言いたいわけではないんですよ。確かに命にかかわることではあると思います。ただ、紙で指を切った切り傷で救急車は呼ばないでくださいという類のような、医療機関だけじゃなく我々自身もトリアージのような「優先順位」も考える必要がありますよね、ということを言わせていただきたく。

 

今報道で色々なことが流されています。プラスになる情報もあれば不安を煽るしかしない質の低い情報とか、その中でもやはり医療資源は有限ということですのでその防波堤をみんなで守らないとね、という危機的状況であることはみんな理解してると思います。

 

そこでプラスして、自分がいざ感染したと、そうなった時をちょっと想像してみてください。それが今日なのか明日なのか、1週間後なのか1ヶ月後なのかもっと先なのか一生こないのか、それはそれでいいんですけれど、「その時人が多すぎて自分は自宅で隔離されているんだろうか」「家族がなったけどもうどこも受け入れてくれない」「急変した際に医療機関は受け入れてくれるのだろうか」。要はそこですよね。

 

これこそ不安を煽ってしまうようなことなのかもしれないですけれども、誰も抗体を持ってない類の感染症ってそういうものなんだということをちょっとだけ覚えてくれるといいなって。

 

昔の本をひっぱりだしてみた

20数年前、アメリカで大学生やってたんですよね。専攻は生物学。無類の不器用であった自分がよく実験とかやってたなと思い出しても恐ろしい大学生だった気がします。過去の自分を美化するより、自分に過去なんてあったっけ?と忘れてしまうくらいの今です。

 

でも、昔のものではあるんですけれども、「なんかこれ取っておきたいな」という教科書参考書的なものをずーっと取ってあって、学生じゃなくなって働いてからも仕事で勉強する必要があった領域とかそういう本も「処分するの忍びない」という理由で本棚の肥やしになっております。

 

で、当然PCRとかそういうのもやってきたわけですけれども、思い出は、「複数タイプの紫外線をハエちゃんに当ててそれによるDNAの変異をみてこうぜなる基礎の初歩研究の第一歩、野外に果物放置して腐ったらたかってくるハエを確保することを要求され、取れたは取れたでいいんですけれどもハエちゃん以外に寄ってくる5cm大のGが恐ろしくて恐ろしくて、『リエコ!残りは片付けなさいよ!』『無理!絶対無理!』と、そのあたり一切すべてを教授に後片付けしてもらったこと」です。

 

あっ、PCR自体の思い出は「長えなぁ」くらいです。

 

知る人ぞ知る、古いThe Cellをまだ持ってます。

生物学に関わる人が避けて通れないこれぞという教科書?がありまして、それがMolecular Biology of The Cell。細胞分子生物学とでもいうんでしょうか、セルですセル。つよそう。

実際つよいんですけど、特に角。分厚いハードカバーの角は凶悪。

自分が大切に本棚の肥やしにしてあるセル、1994年発行の第3版。著名な著者、ラスカー賞とかノーベル賞とかそういう有名な方々の発行物ですよね。DNAの分子構造とかでアレなワトソン氏とかですね、そういう。

 

で、なんで今更こんなのひっぱりだしてきたのかというとですね、この本の一番好きなところがありまして、それが急に見たくなって。読むじゃなくて、見る。背表紙なんですけれどもね。

 

著者6名の近影(1994年当時)なんですけれどね。こういう真面目な本にこういうオマージュ最高ですよね。ほら、ビートルズのあれですよ。ちゃんとポール担当の裸足の人だっているんですよ。これ大好きでね、だから取ってあるの。

 

今の状況だったらね、「プロフェッサー達、もう少し距離開けて(ソーシャルディスタンス)」、なんてね。


 

猫ならシャーって言うかもな小話

新型コロナウイルス感染症に関しては色々とたくさんの不安がありますよね。経済とか健康とか、仕事とかライフスタイルとか、幅広い分野に置いて残念だったり嘆いたり、時には怒ったり悲しかったり。

 

とある報道機関の記者さんを名乗る方からお電話いただきました。そんな事に慣れているわけでもなんでもなく、ちょっとびっくりしている恥ずかしがり屋なわたくしでありますが、はいはいどのようなご用件でしょうかと一応ね。そしたらまあおばちゃんビックリしたのなんの。

 

新型コロナウイルスで亡くなった方の周囲の環境とか影響とか、お葬式ができるとかできないとか、あっもちろんご遺族の方々の意向も十分に配慮してそういう番組を作りたく取材したいんですけれども、都内で亡くなってる方って30名みたいなんですが誰だかわからないんですよね。そういう方ご存知ですか?もしご存知だったら紹介して欲しいんですけども』(意訳)

 

と、もんのすごいビックリ仰天するような問い合わせの電話だったんですね。多分、色んな議員のとこにかけてるんじゃないかと思います。だって私のとこに連絡してくるくらいだもの。相当お困りなんでしょうね。知らんけど。

 

んで、もちろんこう答えました。

 

『あのですね、そういう報道って私はよろしくないと思います。お探しの方は知りませんけどもね、例えそういう方が周りにいたとしても、知ってたとしても、そんなことは絶対にお伝えはしません。お仕事だから色々大変なのかもしれませんけども、そういう報道姿勢は好きじゃないですし、先日も著名人の訃報流れましたけどもああいうのただただ悲しかったです。ご期待に添えず申し訳ありません」(意訳)

 

まあ言わば取材拒否というか、ご相談事お断りというか、そういうことですよね。で、電話を切ったあと、ふと思うわけです。自分の回答は正しかったんだろうかそれともただ意地悪だったんだろうかと。時々急に不安になります、だって人間だもの。

 

いや、ホイホイ答える議員がいるんだろうかな?いや、いるんだろうな、だからかけてくるんだ電話。そういうの、Twitterか何かで募集して軽く炎上でもしてくればいいよ某局社会部さん。

 

と、ちょっとばかり寂しい気分になりました。という小話。シャー。


 

自宅にあるもので消毒液を作ってみた。

どうもどうも。小倉です。タイトルの通りです。東京都福祉保健局「家庭や施設における二次感染予防ガイドブック」をもとに消毒液作ってみました。水2リットル+ハイ◯ー10mL。

「行政提供の情報の中にある、次亜塩素酸ナトリウムって、つまりは何?」と、一般名じゃわかりにくいですよね。次亜塩素酸ナトリウムを用いた家庭で作れて使える消毒液、要は『YOU、(適正に適量で)水に薄めたハイターでいいのよ』と。


 

港区議会 保健福祉常任委員会報告

さて、本日は保健福祉常任委員会がありました。いつものように簡単な報告と委員のみなさんからのQなどを添えて。  

 

1. 港区立麻布いきいきプラザ等整備計画について

えー、前々から色々と麻布のいきいきプラザの計画をご報告しておりましたが、いただいたご意見等を踏まえて計画を策定しましたのでお知らせします。ちなみに建設費は約10億円…。

 

Q: 防音するのにおいくらくらいかかるものなのかしら、利用者の意見を聞きながらやってね、マンホールトイレが使えるようにするみたいだけど下水管耐震もちゃんとするのよね、など。  

 

 

2. 麻布地区港区立いきいきプラザ指定管理者の公募について
3. 赤坂地区港区立いきいきプラザ指定管理者の公募について
4. 高輪地区港区立いきいきプラザ指定管理者の公募について

えー、令和3年の3末に指定期間が終了するので、新たな管理者の募集を行いますです。  

 

Q: 公募要項を現時点で我々に公開できない理由とか今何をどうやってるかという状況教えてちょうだい、以前の公募の時から変更されてるものってあるのかしら、など。  

 

 

5. 港区立赤坂子ども中高生プラザ青山館の愛称について

えー、4/1から開設する赤坂の子ども中高生プラザ青山館なんですけれども、愛称が決まりましてね、カリッパですカリッパ。数年前から青山児童館でカッパのキャラがいましてね、カリッパという名前で親しまれてましてね、それをそのままカリッパですカリッパ。

 

Q: ガンガンにカリッパ推しでいくんですね了解しました、など。 

 

 

6. 港区立特別養護老人ホーム等指定管理者の公募について

えー、これも指定管理のお話で、令和3年3末に終了するので指定管理者を募集をすることをご報告です。  

 

Q: 選考委員会を含めてちょっと色々教えてちょーだい、さっきの指定管理の案件とは公募開始と応募開始の時期がちょっと違うんだけど、とにかく指定管理というやつが気に食わないのでいつものようにネチネチ言いたいことだけ言わしてもらうわよ、など。  

 

 

7.  港区立高輪子ども中高生プラザ指定管理者の公募について

  えー、これも指定管理の募集をしますよという報告です。  

 

Q: とにかく指定管理は気になることだらけなので同じことしつこく聞くわよ、など。    

 

 

8. 令和2年度組織改正について(追加)

えー、4/1から区役所組織が変わりますので、改めてそのご報告です。  

 

Q: 特になーし。  

 

 

9. 東京2020大会に伴う台場高齢者在宅サービスセンターの休館について

えー、本来ならオリパラ開催中に競技会場のある台場の施設が休館ですよというご報告のはずだったんですが、延期になりましたのでこれも延期です。  

 

Q: 特になーし。  

 

10. 中学生学習支援事業の拡充について

えー、教育委員会管轄の「港区学びの未来応援学習講座」なんですけれども、事業を拡大して4月からアレでしたけれども、今ほらアレですので、様子を見ながらアレしていきます。  

 

Q: 拡大していくのはいいことよね、次に何をどうやって展開していこうか考えてるんですかねえ、色々とフレキシブルにお願いしたいわねほらこんなご時世だからね、など。  

 

 

11. 小学校入学前教育カリキュラムの改訂について

えー、「みなときっずなび『育ちと学び』をつなぐ小学校入学前教育カリキュラム」を改訂しますのでお知らせしますね。  

 

Q: 保育園とか幼稚園に通わせないで家庭保育の人に向けてはどうするの、保育的に5歳児のおひるねってどうなのかしら、など。  

 

12. 民法改正後の港区成人の日記念のつどいの対象年齢(素案)に寄せられた区民意見について

えー、成人が18歳とかになる件で、いわゆる成人式をいつやったらいいのかしらということをパブコメで募集したり、該当する中学生にアンケートとかとってみたところ、やっぱ一番多いのが「ハタチで」というご意見でした。というご報告です。  

 

Q: 特になーし。  

 

13. 港区子ども・子育て支援事業計画(素案)に寄せられた区民意見等について

えー、こちらもパブコメ募集してたんですが、ご意見3通いただきました。  

 

Q: 特になーし。  

 

以上。


 

 

 

 

 

 

以上。


 

3月だけど4月号

雨が降る前はどうも頭が痛くなる傾向がある小倉です。どうもどうも。年に4回の報告書、3月だけども4月号を作ってありますので短くお知らせです。

 

ちまちまちまちま、年4で自分報告を作成して5年目。キリの良い数字の20号がめでたく発行されました。めでたい。2020年に20号。これからもよろしくお付き合いください。

 


 

こんな状況ですので、年イチの報告会、延期です。

2016年から毎年桜が咲いたり散ったりする頃、一年の活動を振り返って区政報告会というやつを平日と週末に2回ほど行っていたわけですが、今年はこういう状況ですので延期することになりました。

 

1月発行の報告書でお知らせしていたんですけれどもね。残念ではありますが、でも今のこのご時世、活動報告というのは色んな媒体でご提供するのはいくらでも可能でして、常日頃は文字ばっかりで大切なことからくだらないことまでお送りしているところでしたがこの1年ほど動画という新しいツールを得まして、そっちも楽しくやっております。

 

そうだ、無観客試合をしよう」なんて思ってもみたんですけれども、正直お米粒にも満たない存在の区議会議員による生配信なんて需要がないし、むしろそんなことしたら最近のどハマり企画「最後にエンドロールとNG集」が作れなくなってしまいますし、ということで、4月の中旬を目処に動画でも作ってお好きにご覧くださいということになりました。

 

延期後の報告会再設定は今のところまだまだ未定ですが、色んなことが落ち着いたら開催しようとは思っております。その時はまたお知らせしますよろしくどうぞ。

 

なお、昨年の様子は↓からどうぞ。2回やってるんやで。

 

 

えっらそうに喋りやがって、みたいなことは大目にみてください。