コロナワクチン集団接種リハを見学。

全国各地の自治体で、ゆっくりとですが確実にワクチン接種が始まるようになりました。一日も早いワクチンを、という気持ちはよくよく理解していますし、港区はなんで遅いの、という不満もよくよく理解していますが、混乱なく確実に進めたいねという気持ちはみな同じ。ワクチンは、ありまぁす!(予定)

 

 

港区のコロナワクチン集団接種会場

えー、本日現在、集団接種会場は以下の7ヶ所です。

今月初めくらいの段階では、決定しているのは5ヶ所だったことを考えると、港区は頑張って増やしてくれたということなわけです。xx地区で少なくとも1ヶ所、という考え方のもと5ヶ所だったと思いますが、増やしてもらえるのはありがたいことで、だってすごく頑張って調整をしてくれた賜物ですからね。

 

が、人によって「遠い!」とかそういう不満はあるのは変わらないわけで、こればっかりは仕方がない。誰だって家の目の前で打てるもんなら打ちたいでしょうけども、協力してくれるたくさんの方々がいて初めて可能になるわけですからね。関係各所のみなさま、ありがとうございます。と、感謝の気持ちは忘れずに。

 

 

リハーサルは「みなとパーク芝浦」のリーブラホールでやりました

みなとパーク芝浦1階のリーブラホール。建物の中に入って、総合支所側の方にあるとこですね。来月からの本チャンの接種会場です。できるだけ邪魔にならないようにと隅っこにいようと心がけましたけれども、邪魔だったらほんと申し訳ないです。

 

色々なシチュエーションのシミュレーション。実際の接種の流れは↓になります。おおよそ、皆さんの予測に違えず、近からず遠からず。1回目の接種後、お帰りになる前に2回目接種の予約を取る流れ。

 

それぞれの接種会場によって異なることもあるかもしれませんが、流れは変わらないと思われます。保健所のみなさん、運営のみなさん、色々な役割を担った区民のみなさんのご協力があって、リハができて本チャンに繋がります。どうもありがとうございます。そしておつかれさまです。

 

アナフィラキシー想定のシチュエーションとか、車椅子が必要な方のシチュエーションとか、色々なケースでのリハーサルを見学させていただきました。

 

例えばインフルエンザのワクチン接種もそうですけど、接種後すぐに帰るのではなくて、15分やそこら必ず様子をみますよね。もちろんコロナワクチンも同じですけれども、アレルギーやアナフィラキシーの観察以外にも、この観察期間には「血管迷走神経反射」っつー生理的反応を見ることも含まれるわけです。

 

注射全般の痛みとか恐怖とか、精神的な不安とか動揺でばばーんとでちゃうかもしれないもので、フラフラしたり失神しちゃったりって時々聞きません?接種後に様子をみるための待機というのは、色々確認することがあるということを覚えておいてくださいね。ほら、フラフラしたままの帰り道にステーンと転んだら大変じゃないですか。女性が多いと言われますよね。迷走、名前も摩訶不思議。

 

あっ、わたくしめの議員としての心意気も常に迷走してますという情報は不要ですね。すいません。

 

 

ご参加された方々のご心配をいくつかご報告

ネットで予約なんてできないよ!
→ 可能な限り丁寧に説明できるよう、準備中です。というか、前々からコッソリ色々とお願いをしています。できるかぎりを。xxxxxのxxxとか、xxxxxxxxxxxxとか、xxxxxとか(今言えない)。

 

会場がなんだかんだ人が多くて密だわ!
→ 今日はなんだかんだ人がたくさんいましたけど、本チャンは今日の半分くらいの人数です。接種が1列の場合、1時間で26人程度の来場を想定していまして、会場によりますがみなとパーク芝浦での場合は接種2列(52人程度)。予約は15分おきに取るようですから、15分13人、30分で26人、そのくらいが会場内に滞留する想定と。

 

→ この広さでそのくらいの人数、そしてみなさんマスクをしてお喋りを控えていただければ飛沫とかのご心配は無用ですよーって、安心して接種受けてくださいねーって、保健所の所長さんからのお墨付きアリ。

 

動線の順番とか表示がわかりにくいわ!
→ が、がんばります。

 

予約取れるかしら…?ワクチン足りるのかしら…?
→ ワクチンは、足りまぁす!電話予約も開始数日は繋がりにくい状況もあるとは思いますが、ワクチン足りません予約取れませんということはないと思います。一日でも早くというお気持ちはよくよく理解していますが、ちょっと余裕持ったスケジュールでも大丈夫です、というかその方が確実かもしれません(繋がる&予約取れる)。

 

これから公開となる情報等たくさんありますが、まずは本日のリハーサルを是非とも本番に活かしていただいて、スムーズな進行となることを願ってます。みんなが願ってます。

 

なんどもアレですけれども、↑は現在のところの公開情報のまとめ。港区の公式でのお知らせ(文字だらけ)はコチラになります

 

以上。

 

港区議会 保健福祉常任委員会報告

さて、本日は保健福祉常任委員会がありました。いつものように簡単な報告と委員のみなさんからのQなどを添えて。

 

1. 令和3年度新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険料及び介護予見料の減免措置について

えー、国からのお達しでですね、対象となる世帯には国保の保険料と介護保険料が減免されますのでそのお知らせです。色々要綱とか変えなきゃいけないことがあるので、お知らせ始まるのが5月以降ですかね。

 

Q: 同封するお知らせは減免がわかるようになってるのかしら、納付書自体にもお知らせ書いてもらえるともっと気づいてもらえるのかしらね、「重篤」の定義はなにかしら、今の実績はいかほど、など。

 

 

2. 高齢者肺炎球菌定期予防接種費用助成の拡充について

えー、港区の一部助成制度アリで自己負担4,000円でこれまでも行っていたんですけれども、東京都が10月から遅かれながら助成制度始めるっていうんで、そこプラスして自己負担額が1,500円になりますよ。10月までに接種した方にももちろん負担します。が、コロナワクチン優先の方がいいし、混乱すると大変ですので、肺炎球菌予防接種のお便りは7月下旬から送付しますね。

 

Q: コロナワクチンとどのくらい期間を開けるとかそのあたりをどのようにお知らせしていくのかしら、サポート増やしてもらいたいね、助成は1度きりだけど自費だったら5年ごとに受けてもいい類の予防接種なのかしら、など。

 

なお、4/23発行の広報みなとにも掲載されておりますのでご参考まで。

 

 

3. 新型コロナウイルスワクチンの区民への接種について

えー、先週から広報みなとにもようやく情報が載るようになってきましたが、まだまだ未確定のものが多くてごめんなさい。ご自宅にいる65歳以上の方へは、どんなに遅くとも5/6までに接種券を送付して、予約開始が5/10、最短接種が5/17です。65歳未満はもちっとお待ち下さいませ。

 

 

 

Q: ワクチンロスがでないようにね、接種証明書とか考えてるの、変異種対応もちゃんとしっかりね、時間がねぇ…ちょっとね…、など。

 

この委員会での報告で、まぁ正直なところ、初めて会場での時間が公開されたわけですけれども、毎日開けてるわけではなさそうなので日はまだ未確定です。ほら、開設予定期間と日数が合ってないもの。いろんなことが公開され次第、順次ご報告いたしますので、ちょびっとお待ちくださいませね。

 

港区のワクチン特設サイト4/23発行の広報みなとと、本日の委員会報告の内容をまとめると、今日時点ではこんな感じです。

 

 

4. 東京都出産応援事業について

えー、東京都のやつなんですけどね、令和3年1月〜令和5年3末までに生まれたベビーちゃんのいるご家庭に、一人当たり10万円分の育児用品とかサービスとか始まってるようです。対象者へはお知らせされるようですが、都内で生まれた子限定っぽい(←東京都が決めたことだから)

 

Q: こういうの貰えますよっていうの事前にどうやってお知らせしていくの、DVの場合とか避難してる場合とかどこに送られてくるのかしら、離婚してる場合とかさぁ、母子手帳的なものをもらいにくる方にお知らせしてあげたいわよね、など。

 

 

5. 港区新橋保育質及び港区新橋学童クラブの終了について

えー、周囲の保育環境も充実して空きも目立つようになりまして、港区新橋保育室と港区新橋学童クラブが令和3年度末で終了することになりました。保育室の運営事業者さんの方は色々と調整をして、園児も保育士さんも、希望する方全員が近隣に開設する私立の認可園へ受け入れ可能なようです。

 

Q: いつ閉めるって決めたんだっけ、えっ終了のこと伝えてないのって問題じゃね、など。

 

 

6. 令和3年4月の待機児童数等について

えー、こういうことだそうです。

 

Q: ひとつの園しか希望していない人が256人もいるんですかぁ、内定を辞退した人って160人もいるんですか、内定した人の中でも4月になって通園しない人が119人もいるんですか、2人とか3人とか兄弟姉妹は柔軟にお願いしたいわね、その辺りなんとかならんもんですかね、など。

 

 

7. 港区低所得の子育て世帯に対する世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について

えー、国のアレで、対象世帯に給付がいきます。児童ひとりあたり50,000円。児童扶養手当受給者へのお知らせは5月に、受給資格者と家計急変世帯には6月に案内送付がされますです。

 

Q: 複雑なおうちはどうするんですか、なんか色々事情を抱えているとかそういう実情を国に伝えていただきたいわ、家計急変世帯とかどうやって判断すんの、など。

 

 

以上。


 

そうだ、アノの話しましょうか。

なんかもったいぶった感じに見えちゃうけれども、別にそんなアレでもなんでもないんですけれどもね。道路の話。

 

 

ぼっこぼこの道路と歩道の整備をお願いしていますん。

人が住んで人が暮らしている以上、そりゃ道路も歩道も痛みます。特に麻布十番商店街、商店街だから交通量も多いし、物流だってコンスタントに流れてますよ。時折言われますよ、「商店街は車なんか通らない方がいい、邪魔だ」と。えええぇ、個人的にちょっと全面的に賛同はできないのはごめんなさい。

 

商店街は人が来てなんぼ

商店街は店があってなんぼ

 

立場によって↑考え方の優先度は違いますし、そこは十分理解はできる。一日何社からもがっつり仕入れをする類の店舗もあれば、そういうの必要じゃない店舗だってあれば、仕入れトラックは通す必要はないけどタクシーは乗りたいから通せとか、想像もしなかったご意見も色々頂戴しながら早何年。時々聞くようなアレですよ、学校の隣に引っ越してきた上で子供の声がうるさいとか、お寺の近所に引越してきて除夜の鐘がうるさいとか、そういうのと同類と思われるお声もありますよそりゃ。

 

両立しようと思ったら、もう最善策は「現状維持」ですよね。現状維持が目標。色んな意味で。

 

 

で、ようやく3ヵ年事業として計画されましたん。

3ヵ年事業とはいいつつも、地域の中では「まずは3年(その他にもまだまだぼこぼこの道山ほどあるぞ)」という認識でありますけれどもね。これは素直にありがたや。です。本当ですよ。区役所さんありがとう。ものすごく頑張ってくれたのは、麻布支所まちづくり課です。ありがとうありがとう。おや、職員のみなさん疑っておりますね?本心ですよ?ありがとうございます。まだまだこれからだけどよろしくね?

 

地域の協議で色とデザインが決まり(ほぼ現状維持)、砂みたいなところの上にレンガ並べるだけの段差つきやすいインターロッキングブロックを外し、アスファルトでガチっと固めて、段差でつまづいて転んで骨折する人が少なくなりますように(少なくとも3人知ってる)。

 

「模様なんかいらない vs 模様は欲しい」論争の妥協点として、アスファルトでガチっと固めたあとに表面を柔らかくして、浅く型押しして模様をつけるというストリートプリントという手法を採用してもらうことに。これによって、水道管工事だのガス管工事だの、建設工事だので業者が「その時在庫でたくさんあった似たような色のレンガブロック」をなんとなく並べて、バラバラな感じになることを防げることも期待。

 

予定通りにいけばいいな。でもまだ詳細が決められてないのでドキドキしてる毎日。

 

 

そしたら予算の付け方が不思議でしたん。

ちょっと家庭の事情で予算質問の数を減らさざるを得なかったんだけど、これだけはいいたい!と総務費で物申してきたわけで、これがすべて(9分動画)。

 

カッとなって言ってしまった。今は反省している。
(穏便だと思ってだけど、ここ数年は比較的導火線が短め)

 

なんてことは1ミリたりともないけれども、他のところもこういう問題抱えてるなら改善必須よね、と真剣に思ってるからこその質問なわけで。本当ですよ?あ、疑ってますね?本当です。

 

その後、色んなところからチラホラ聞こえてきたんですが、自分がガーガー言ったことが「小倉の言ってたこと、アレはどういうこと?」と関心持ってくれた方がいるようで、なんか良い方向に動くといいなあって願ってますよ。本当ですよ?本当ですってば。

 

 

一難去ってまた一難ですん。

オリパラ問題がありまして、東京都からこんなお達しがあるわけですよ。邪魔だから日中の工事を控えろと(意訳)。はぁ?23区は一律一辺倒に日中の工事とか車両数を減らせと。はぁ?で、それを受けて、港区も7月〜9月は工事しませんって。はぁ???

 

まぁ、オリパラだもんね、わからないでもない。だがしかし、新国立競技場とか競技会場周辺とか、一時期大揉めした環状2号線とかオリパラ開催に主要な場所での工事なら意味もわかるけれども、海外から観光客も呼ばないと決まった今のこのご時世、ワクチン供給もままならず、正直オリパラ自体だってわからないじゃないですか。東京だからって、都市部だからって、23区すべての道で「お控えなすって」は違う。考え直せ東京都。

 

 

さぁ登板ですよ、かんの都議。

 

というかですね、「東京都からのお達しですから」と 削減 = 工事ゼロ という認識は違うと思いますよ、港区さん。やるなとは書いてない。日中ができなければ夜間に振り替えろとか、工事車両は少なくしろとか、そういうことは書いてあるけれども、競技会場とか全然関係ないところの工事までゼロにしろとは書いてないじゃないの。

 

「区道は区だから。東京都関係ないじゃないですか。こっちの都合も考慮してくれない都には反旗を翻しませんか(←無茶振りはわかってるけど一応言う)」

「えええ」

 

そんな押し問答もひととおり。そしたら東京都と区の関係各所がこの件で改めて説明を受けるという話を教えてもらったので、参加する職員さん何名かに「東京都に意見を言ってくれ」とお願いしました。地域の事情に配慮した見直しをしてくれと。その節はどうもありがとうございます。

 

あっ、港区が関係する競技会場はお台場くらい。あとはアレだ、聖火リレー。

7月22日(木曜・祝日)だそうですよ。このままやるなら。18:07に溜池山王を出発して、ぐるぐるして、六本木から十番通り過ぎて芝公園まで。ちなみに、誰が走るとかどうとか、一切知らない。

 

 

で、7/22の夜(どう見積もっても19時過ぎ)に十数分通り過ぎるだけの道の一本手前が工事区間。

東京都には判断を、色々なものの判断を、一日でも早く決定してもらわんと困る。やるならやる、やらないならやらない、工事抑制の要請を見直す、自治体が勝手に判断して良い、など。個人的には、「へー、十番は競技会場周辺じゃないから特に該当しないっすね」でいいと思ってます。ガチで。

 

 

あぁそうだ、人事は珍事ですよね

春は出会いと別れの季節。順番的には別れが先。3月になると中旬以降から職員さんの人事異動が発表されていくわけですよね。管理職人事が一番最後で、4/1から新しいところに行かなきゃいけないのに、なんと発表されるのが今回は確か3/26夕方。土日抜いたとして、実質3日で異動の準備と引き継ぎとって、なんか本当に……なんというか……なんと声をかけてよいか……。ご愁傷様です(←これは多分違う)。

 

毎回毎回思いますけれどもね、まあ不思議な人事が多いわけですよ。自分なんかここ数年は春の珍事異動と呼んでますけれども。と、私たちからみて区役所の人事が珍事であるように、もちろんその逆もあるわけですよね。

 

例えば有権者からしてみたら選挙の結果で議員に選ばれる面々を眺めてるだけでも珍事だろうし、その珍事の集合体で決定する議会人事も珍事中の珍事だろうし、区役所の中の人々にとっても衝撃的な珍事でしょうね。文句言うのもお互いさま。

 

珍プレーにも好プレーにもならない珍事って、ただのエラーじゃね?と思うこともしばしば。あっ自分もそう思われてることも忘れずに。うふふ。それにしてもなんでみんなそんなに役職が大好きなのかしら。自称インフルエンサーになりたいのかな。お勤めしてた時も思ってたけど、そういう人ってポジションにしか価値を見出せないパターンが多くて、周囲からの評価もそれだと信じてるパターン多し。残念だなあと思う。本当に。成就のためにコッソリなんか色々やってるんだけど、大抵全部バレてんだよね。知らずは本人ばかり。そういうの、ひょっとしたら承認欲求の裏返しなのかもね。会社も議会も変わらんなあ。区民のみなさんもこういう無意味なドロドロをもっと色々知っていただきたいなあって切に願う。

 

わたし?わたしですか?先日も「お前、野心とかないの?」って何人か(うち1人は元国会議員)に聞かれましたけど、「ないですけどそれが何か?」「これ以上頭下げるの嫌なんで、そんなのしたことないけど」って言って笑われたばかりですけれどもね。

 

野心はないけど野望はあるよ。道路を綺麗に直してもらうんだ。あと商店街への風俗店の出店抑制してもらいたいんだ。シンプルやで。自分のことなんてどーでもいい。


 

色んなことありましたね

どうも、先週から交通安全週間が始まって、どのくらいぶりになるんでしょうかね、1年半ぶりくらい?の旗振りで「おはよーございますー」「いってらっしゃーい」と問答無用にお声がけしてます。先月から色んなことがあったので諸々ご報告しましょうか。

 

なんでもかんでも「システムの不具合」いいがちあるある

ほら、先月にLが頭文字の企業の個人情報漏洩でどうたらこうたらって大きなニュースがありましたよね。その前にですね、まぁ港区でもありましたよ。

 

まぁ情報漏洩に大きいも小さいも関係なく、これはもう0か100か、あるかないかの2択。正直これまでも個人情報云々というのはちょこちょことありまして、でも今回はこれまでのやつとほんのり事情が違うことにちょっと問題視しました。要は、人的か否かです。

 

これまでは、ヒトによる作業で「封筒と中身を入れ間違えちゃいました」とか、「どこかで無くしちゃいました」とか、「見落としました」とか、人的なミスによって起こったことがほぼ100%だったわけですけれども、今回は「どこかの企業が作った製品のシステムバグによって、それを採用した港区の情報が漏洩しました」と言う感じ。

 

これによる自治体の課題は少なくとも、他社委託製品(汎用性の高いシステム系)を採用するにあたり、自治体はその製品の情報セキュリティ等が安全であると確認する専門的な部門がないのはいかがなものかと。

 

例えば、「ウチ、色んなとこの自治体さんで使ってもらってんすよー」と売り込みがあったら「あ、そうなんですねー他がやってるならウチもウチも」くらいなノリで採用しているフシがあるかもしんない、ということが見えました。製品仕様書とかデモテスト試験とかの報告書をみて、「ケース想定が甘くね?」とか「これじゃまだリスク減らせてなくね?」とか、口出せるほどの知識を持った人がいないというのは致命的じゃね?と心の底から思っています。

 

 

なお、再発防止策として「区は、システムの不具合の詳細について直ちに調査を行い、その原因を究明したうえで不具合を解消するための改修を行いました。」ってあるけど、調査をしたのも直したのも港区じゃないからな。作った企業だからな。当然だ。

 

ちなみに、事故処理の誤りとしてプレスリリース出したのは港区で、製品バグ出した企業がプレスリリース出すのを拒否したのは未だに納得してねえからな。理解もしてねえからな。んで、未だに官公庁・自治体向けっつーってPRしてんのいかがなもんかと思うよ。むしろ港区から他の自治体に親切丁寧に教えてさしあげろ、ぐらいに小倉はおこです。未だにな。

 

 

で、その間のあれやこれやは割愛しますが、最低限確認してもらわないとダメであろうことを区役所に要請しました。どういうことを聞いたのかといいますと、ログ確認した期間はバグ発生時からじゃなくてその前のシステムリリース時期からだろうなとか、他の製品に同様のバグがないだろうなとか、他所の自治体でこういうバグでてないだろうなとか、瑕疵期間があるはずだから余計な費用払ってないだろうなとか。自分で言うのもなんだけど、細けぇ。シロウトに言われて悔しくないんか港区は。

 

で、回答をもらったわけだけど、いや、自分が求めていたのは企業さんからの回答丸コピじゃなくて、それを元に港区がどう裏取りしてどういう判断を下したかなんだよということはまるっきり通じていなかったのは悲しい。「大丈夫でした、直しましたって言ってます」が本当にそうなったかどうか担保してもらいたいんだよ。なんだろうな、最近すべて疑ってかかることしかできないな。疲れてるのかな。

 

 

その一方、こっちは人的

今は直ってる(3/16)けど、プレスリリース出したあとに2日間くらい日付間違ってたんだよね。

 

 

プレスリリースがよくわからない

まぁ、ネチネチとウォッチしている人はそこまで多くはないと思うんですけれども、港区のホームページから過去数年分のプレスリリースが見れます。ただし、非常に見つけにくい。

 

 

なお、ホーム画面をつつーっと下にスクロールしていって、こういうところからもポチできます。

 

 

そしたら、ようやくプレスリリースにたどり着くんですが

 

ご丁寧にプレスリリースも親切丁寧に区分けされているんですよね。わかりにくい。で、コロナはまぁ別枠になるとは理解できるとして、その他は「どちらかというとPR的なもの含めて良いお知らせ」「ちょっとやらかしちゃったお知らせ」「完全にダメなお知らせ」というくくりでしょうか。

 

事務処理の誤りという欄をざーっとみると、ここ3年くらいは年間20件ほどになりますか。残念ですけれどもそのくらいあるのが事実。

 

下の方に更に過去の2016年〜2018年の欄もあるけれども、クリックしても何もない。「現在、情報はありません」じゃなくて、「もう、公開しておりません」の間違いだろうか。公開する期間が決められているならそう書けばいいし、むしろ中身がないものなんか外してしまえとも思う。エラーなら修正を。

 

 

諸々、どうしたらいいんだろうね

今後ますます、インターネット介したサービスというのはどんどん増えていくし、暮らす私たちも利便性っつーものが高くなれば高いほどいいじゃないですか。それであればそのサービスを採用する港区はちゃんと責任持てる体制が必要だと思うし、早急に色んなこと考えた方がいいと思う。なんとかペイ然り。経営統合で事業とサービスの存続が困難に〜とか、相手側の都合で振り回されるのはよくあることだゾ☆

 

システムの不具合じゃなくて、港区の不具合にならないようにみなさん頑張っていただきたい。全庁に情報が共有されてるんだかされてないんだかもどうかと思うし、委託製品の採用を検討している場合はよくよくこういうことも含めて考えていただきたい。専門の部署が欲しいところだけども、情報政策課が旗振ってくれればいいなあ。白旗以外で。

 

と、諸々その他にもご報告したいことがあったのに、もろもろの「も」しか報告できなかった小倉はあと数日交通安全の黄色い旗振ります。ねこ柄マスクが上下逆さまだったのは寝ぼけていたからです。


 

おぐら24号

なんでしょうね、ある一定程度の世代になると、『なんとなくつよそう』な感じのイメージが付く数字がありますよね。1、2、3、17、18、28とかもそうかしら。この度はめでたく24です。中途半端です。3ヶ月に1度のいつもの定期の報告書。汎用A3テンプレ型活動報告 区議会議員オグラリヱコ。あっまだシンは観に行けていません。

 

バックナンバー含めた報告書はこちらからお好きなのをどうぞ。

 

 

制作作業が好きでたまらん奇特な類である

報告書はちまちまと手作りなんですけれども、プロにお願いすることなくちまちま手探りで手作りなんですが、なんでしょうねえ、楽しいですよねえ、作業というものが。でもシロウトだから作品センスは頭打ち。自分テンプレ一辺倒。まぁいいか。

 

よく色んな議員がやるように新聞に折り込むことなく(恥ずかしい上に、おそらく政党所属議員特有の「自称活動地域」で揉めるのめんどくさい)、我々の推進で〜みたいなことばかり書くことなく(アレって地球が丸いのもヒトが生きているのも我々のおかげみたいな感じじゃん?)、まぁ「仮定」とか「主観」は多少なり入ってしまうのは仕方ないとしても、自分なりに何をご報告しようかなあということを考えるのが楽しいんでしょうかね。毎号作成する度に試行錯誤。

 

前回くらいからですかねえ、自分の勉強のためにも「情報をまとめる」ということをやろうと思って、それまでA4だったサイズをA3に変えたんですよね。んで、片面は自分の報告にして、もう片面は港区が提供している情報をわかりやすくまとめるチャレンジ。今回はワクチン接種についてまとめてみた次第。

 

↑は色んな情報がまとまっている港区のワクチン接種特設ページなんだけれども、文字が多めの自分が言うのもなんだけれども、港区のページも相当に文字が多いねん。というか、文字しかないねん。目がすべんねん。

 

例えば、今のところ(いつ更新されるかわからんけれども)のワクチン接種会場はどこかしらーなんてとこを調べようとすると、

もちろん文字だけや。しかも、最優先でワクチン打っていくのは65歳以上って方針があるからまぁ仕方ないにしろ、そして場所確保できたのが区の施設だけというのも仕方ないにしろ、「港区に住むすべての区民が区の施設を知っていると思うなよ」と声を大にして文句をいいたいくらいなわけであります。

 

なので↑こう作り直してみたわけよ。いくら施設名と住所を書いたからって、視覚的にポジション把握できないと困る層も一定数いることを忘れずに。例えばうちのご近所の方々に「ねぇ、西麻布のいきいきプラザってどこだか知ってる?」って聞くとしましょうか。半数以上は「いきいきプラザっていうのは何?」か「そっちの方はほとんど行かないから地理がわからない」と返ってくるさ。

 

ペラい地図を作ってドヤ顔してるわけじゃあないんですよ。自分、自他ともに認める方向音痴であります。地図が読めないヒトですよ。東西南北?何それ美味しいの?地図はねえ、上下左右ですよ

 

作り終えて満足してから、ハタと気がついたわけですよね。あっ自分の家が区内のどのあたりに位置するか視覚的にわかんないじゃん、と。「作成作業が好き」というヒトによる失敗だな。次からはランドマーク的なモノを入れなきゃ、と反省点も見つかったり。作り手と読み手を遮る壁は果てしなく高い。

 

という、報告書ができましたというお知らせでございました。かしこ。