港区議会 決算 教育費 続き

指がヘンテコな方向に曲がるほど、なんかものすごく力が入っちゃった質疑だったわけですけれども、教育委員会事務局には公教育の元栓としてしっかり頑張って欲しい旨をね。では残りの区役所見学英語科国際ネイティブコースのまとめ。

 

区役所見学

7月だったと思うんですけど、たまたま『区役所と議会棟に社会科見学に行くよ』な話を聞きまして、あらそれならちょっと面白そうだからお出迎えしてみようかしらとなったわけです。そしたらその時に職員さんに聞いたんですけど、『(議会を含め)区役所に社会科見学って少ないですよ』と。

 

Q: 毎年コンスタントに社会科見学くる小中学校って何校

A: ここ数年、継続して本庁に社会科見学に来るのが、小学校5校。支所は小学校1校です

 

(´-`).。oO(…めっちゃ少なくね?区内に小学校いくつあるっけ、19校のうち5とか6ということよね…)

 

Q: 学校の特色がとか色々ありますけど、こうやって学校によって差がでるの、どう思います

A: えー、各学校では児童の実態や意欲に合わせて色んな公共機関から見学先を校長先生が選定します。学校にとって選択の幅が広がるように、引き続き公共施設の情報提供を行っていきますね。

 

(´-`).。oO(…いや、そうじゃなくてですね。おりゃ、公教育として学校間で差があるのを教育委員会事務局としてどうみてるかと、推奨してるのか否かそう聞いてるつもりだったんですけれどもね。質問が下手過ぎた…日本語ムズカシイデスネ

 

個人的には区内の公立の学校(特に中学校)では授業の一環としての区役所訪問はあっていいと思うんですよ。それにね、学校独自の色々と港区としての色々と、公教育というシステムの中で差別化を進めるってどうなのかなって。港区は『教育に関してはポリシーとか全然無いんで、だいたい全部学校(校長先生が変わったらその時はその時)に任せてます。だって人事異動あるから役所だって色々変わるでしょ』と言われているに等しい。自分的に。

 

英語科国際ネイティブコース

さて、港区らしい環境で外国にルーツを持つ子とか、多様な生活体験とか、そういう子達と一緒に過ごす環境の影響は大きくてですね、外国語理解とか国際理解が公立学校でもとても高い港区です。すごいですねー。

 

Q: 昨年から六本木中学校でオールイングリッシュ上級の英語科国際ネイティブコースを開設してもらいました。どうもありがとございます。成果と課題を検証した上で、カリキュラム変更したり指導とか教材を全中学校で展開するとか、しないとか?言ってましたね、前に?

A: ネイティブコースの成果のひとつは、東町小の国際学級から六本木中学校へ進学する子の増加ですかね。多分課題はですね、通常の英語の授業で交流して学習の効果が出てこそ、ですかね。

 

(´-`).。oO(…まぁ言いたいことは色々ありますが、頑張っていただきたい…)

 

とまぁ、教育費こんな感じ。

 

だって人間だもの

あんまりガーっと言われるとねえ、やっぱやりたくなくなりますよ、気分的に』と正直なご意見というかご感想というか、言われたことあります。もちろん役所の中の人に。そりゃそうでしょう、オフィシャルな場で喧嘩売られてるも同然なんだから。しかも『そんなのは前任の担当に言ってくれ』と愚痴のひとつも出るでしょう。

 

その割に『いやー、やっぱり行政と議員の間には緊張感がないとダメですねー』とか言われることもあれば、『そこそこまぁまぁでお手柔らかに』とか言われちゃうと、どんなテンションで何言えばいいかわかんなくなっちゃう。

 

空気は読むものでもなく吸うものとして、今後もマイペースで議会質問をする次第です。『もっと生活とか暮らしが良くなるようにとかさ、目に見える変化がわかるようなことに繋がるわかりやすい質問しろよ。それが議員だろ』みたいなこと時々言われますけれど、区役所の中の人のほんのちょびっとの人が気付いてくれればいい質問ってのも大事かもなんて。かしこ。


 

港区議会 決算 教育費

最近なんかちっちぇーことが急に気になることがとても多くて。ほら、チリも積もればなんとやら、気が付いたら壮大なチリツモマウンテンになってた教育費の質疑。もちろん今まで誰も触れたことがないような類。

 

そして教育費の日はだいたいメガネを着用。そうです、理由はその通りです(あなたの心の中に)。

 

区立小中学生海外派遣

港区さん、12年も前から毎年夏休みに選抜した小中学生をオーストラリアに送り、色んな素敵体験をさせるというかっちょいい事業をしています。去年今年と2年連続で『こんな事やってきました!』という行ってきた子達からの報告と、『ぜひ挑戦してみてください!』と興味のある子供と保護者向けの帰国報告会というのに参加しましてね。

 

区議会議員4年もやってんのになんで去年今年と2年だけしか行ってないんだよという件に関しては、『来てもいいよ』というお手紙が来なかったからとしか言いようがないらしく。こればかりは色んなところの勝手な都合があるらしいので、このくらいで。あ、↑の画像は昨年のやつです。

 

で、これまでの4年の間で海外派遣について他の議員さんがどういう指摘とか質問をしてたっけとふと思い出してみたんです。そしたら選抜方法とか、応募倍率とか、費用とか、子供の学びの成果とか、そういう感じの「わかりやすい」質問しかなかったよなーと。議事録とか読んでてもそういう感じ。

 

はい、それなら誰もしたことないような質問しまーす

Q: えーと、小・中学生がいい経験したというのはもうよくわかってます。じゃあ先生は学校の先生以外に教育委員会事務局も同行してますよね?大人は何を学びました?

A: 思考の根拠とか過程を大切にするとか、日本とは異なる指導法を学びましたよ。オーストラリアの州の教育制度とか教員の任用方法とか、教員の研修方法とかも色々聞いて勉強したようですよ。

 

(´-`).。oO(…今まで先生が何を学んだかって表に出て来たことがなかったもんで。敢えて聞いてみましたよ…じゃあね、次いくよ…)

 

 

Q: この海外派遣の同行なんですけど、これって要は教育委員会事務局の海外視察でもありますね?この海外視察を通じて教育施策とか、働き方改革とか、そういうのに反映できそうなことってありました?

A: ICT環境とか発達障害対象の教育とか、とっても参考になります。あとは学校の事務職員が多くいるので、教員が授業に専念できる環境が整ってました。

 

(´-`).。oO(…当然ちゃんとありますね、反映できそうなこととか、参考になることとか。じゃあ次いきますよ)

 

 

Q: これまで何人くらい教育委員会事務局から海外派遣に同行しました

A: えーと、平成19年度から今年分まで、のべ30名の教育委員会事務局職員が同行してます。んで、現在はその中で残っているの8名ですね。

 

(´-`).。oO(…ほほう、なるほど。人数を聞いたのには理由がありますよ)

 

教育委員会事務局における教育のプロって誰?

報告会2年連続で拝見しましてね、その時に『海外視察で教員が学んだことを誰がどうやって港区の教育施策に反映させるんだろう』と思ったわけですよ。でもですね、同行しているのがほとんど教育指導課なわけですよ。

 

教育指導課って、要は教員の集団なわけです。全員がホンモノの本当の先生達ですよ。でもですね、このホンモノの先生達は東京都の都合で異動しちゃうんですよ。その場合、港区は海外視察で得た経験や教育への熱い想いを持った先生を一瞬にして失うわけで、そういうものがですね、教育政策を担当する所管にちゃんと伝わっているかどうか見えたことがないわけ。そういえば。

 

Q: えー、教育委員会事務局には教育指導課以外、教員や教育の専門職がいません。こういう体制でですね、指導課が持つ教員としての熱い想いをですね、他の所管の方達はこれまでどうやって受けとめてこられたんです

A: しっかりと受け止めてですね、新たな教育施策の立案に繋げられるように努めていきます…。

 

(´-`).。oO(…教育指導課以外、港区の職員さんはプロパーがぐるぐる人事異動するわけで、教育にひとっつも興味ない人だって異動してくるわけです。ぶっちゃけ、教育のプロ集団と超温度差あるじゃないですか…だから現場と話が噛み合わないんですよ…

 

 

発言は豪速球だけども、指はなぜかカーブだかスライダーだか。

 

教育施策に反映させられる体制を検証していただきたい←要はこれ

小倉りえこはふと思いました。『あれ、私は一体誰の何の立場で色々文句言ってんだ』と。教育者でもない、保護者でもない、役人でもない。ただ地域の公教育を司るところがちゃんと機能して欲しかったんでしょうね。だって役所の人事異動によってはものすごい大変なことになるよ。

 

え、ちゃんと人事は適正考慮されるって?HAHAHA、希望出しているところにアサインされないのに、どうやって適正配置されてるって言い切れるのさ。

 

とにかく、異動しない教育のプロが教育委員会事務局に必要だと思ったりした次第です。あとは教育長の下に部長が2人付いたわけですが、教育政策と先生集団のラインは別なのは変じゃねとか、そういうとこもじっくり色々考えていただきたいことをオフィシャルにお伝えしてみました。

 

もう12回目となった海外派遣事業は、そろそろ子供達がいい経験したねーということだけから、教職員が海外視察から得たものを軸に更に先進的な取り組みに挑戦する港区になるため、がんばってくださいね

 

と、多分区民の誰1人の心にも響かない『役所の中の事情とかわかりにくい体制整備に関する質問』である上、多分区民の9割9分が『ちょっと何言ってるかわからない』と言うであろう教育委員会の体制に関する質疑でございました。

 

まだ質問が半分くらいしかまとめきれてないので、残りの区役所見学英語科国際ネイティブコースは次回に続く。


 

港区議会 決算 産業経済費

産業経済費はやっぱり商品券からスタート。商品券を通じて商店街支援もしてもらいたいし、商店街を知ってほしいし、商店街を大切に感じてもらいたい。だって商店街のお店屋さんの子だもの。りえこ。

 

プレミアム付き商品券

いつも商店街へのご支援、どうもありがとうございます。いつもたくさんの方に熱い夏も寒い冬も並んでいただいて、ほぼ即日完売です。でも、やっぱり平日の朝の発売ってキビシーというご意見あります。事前申し込みの抽選で当選しても、引き換えは平日なんですよね。キビシー。

 

Q: やっぱり販売方法って模索するべきだと思いますよ。お試しでいいので、区役所で週末販売とかいかがです

A: そうですねー、区役所内の休日販売に向けて港区商店街連合会と一緒に検討していきますね。

 

(´-`).。oO(よろしくどうぞー。まずはお試しを。)

 

Q: で、今年7月に小規模店に特化した20%プレミアムが販売されました。これからも継続して支援をお願いいたしたく。そこで、所管の課長さんに改めてこの取り組みの意義と今後の支援について伺いますよ

A: 商品券、多くの方にご利用いただいてます。新たな需要の掘り起こしとか、商店街の魅力の発見とか、ひいては商店街全体の更なる活性化に寄与すると思っておりますよ。今後も色々と検討していきますね。

 

(´-`).。oO(よろしくどうぞー。まじで。商品券って購入してもらって使ってもらってナンボなんです。)

 

港区観光&マナーブック

↑昨年の決算でも質問したこの素晴らしい出来の港区観光&マナーブック。今年の決算でも現物持ってきて「さあこれなんですけれども」と言おうと思ってたところを綺麗サッパリ失念してしまいましてね。本を持ちながら質問しているものと想像しながらどうぞ。

 

Q: えっと、去年「観光客向けだけじゃなくて、新しく港区の住民となる外国人に向けてウェルカムパッケージに入れたらいかが?」と提案させていただきましたけど、その後どんなもんです

A: ウェルカムパッケージ、追加して配布してます!その他ではですね、今年ですけれども民泊始まったので届出した事業者さんにも配布したりですね。ビジネス方面になりますと、MICE誘致活動の団体とかと連携しまして、海外展示会とか国際会議とか、様々の場面で活用してます。

 

(´-`).。oO(ほー。いい感じじゃないですか。

 

Q: 新たな配布先が増えてるということですけど、どんなご意見あります

A: 素晴らしいとお褒めいただいてるのは嬉しいですよね。日本に来た記念のお土産としたいというお声もありましたし、大学の先生から授業で学生に紹介したいとかですね。

 

(´-`).。oO(ほー。いい感じじゃないですか。これからもいいもの作ってくださいね。よろしくどうぞー。)

 

以上。産業経済費。


 

港区議会 決算 衛生費

ネズミ防除対策、アピアランス支援、がん対策、という3本でお送りしました衛生費。新しいことに触れてみたり、今まで継続してることをまた質問したり。言いっ放しじゃなくてフォローアップを大切にね、と思ってるけど行政側はめんどくさいとか思わずにお付き合いくださいませ。

 

ネズミちゃんチュー

前にもちょこっと書いたことありましたけども、ネズミが多くなった印象が。『築地の方から銀座・新橋の方に移動して、そこから溜池山王で南北線に乗り換えてくるんだぜ』と揶揄される時もあったりなかったり。

 

区に寄せられる苦情とか相談とか2年前から増えた感じで、それまで2桁件数だったのが3桁になったと。あっその時くらいから飼い主いない地域猫の対策が色々とアレなので、猫が少なくなってきたとかいうのもひょっとして関係あるのかしら。わからんけど。

 

Q: 2年ほど前から増えた苦情・相談、どんな内容なの?

A: えーと、区に寄せられたねずみに関する苦情相談は、平成28年度と平成29年度で248件。2年間合わせて最も多いものは、自宅や飲食店での被害に関するもの155件、次いで街中でねずみを見かける60件、死骸処理に関するもの18件、その他生態に関するものなど15件。です。

 

(´-`).。oO(…先日東京都が築地でネズミ大作戦してましたよね。それが効果あるかどうかとかわかりませんけども、そんな感じで港区も必要なくらい増加してる感じですよね。)

 

(´-`).。oO(…「自主活動支援」っていうのもあって、去年はネズミ捕り粘着シートみたいなのの交付が6枚って…。これもう制度活用されてるとかいうレベルじゃないっすよ…)

 

Q: 保健所だけでネズミ対策ってキビシーと思います。どうにかならんもんですかね?

A: 街中のねずみ対策は個々の家庭や飲食店が個別に行っても効果が薄くて、地域での取組みが重要なんですけども。今後はですね、街中のねずみ対策をさらに強化するため、飲食店やビル管理業者向けの講習会等を通じた周知啓発とともに、関係各所とも連携を図り対応していきますー。

 

(´-`).。oO(…よろしくどうぞーとしか言えませんけども、よろしくどうぞー。麻布十番商店街でも夏の納涼祭り出店者にチラシは配らせていただきました…)

 

アピアランス支援

がん治療中にウィッグとか胸部補整具とか必要な方のため、昨年から上限3万円という助成が始まりました。この制度、始まる前々から応援の意味を込めた質問というのを続けてまして、『制度始まったからもうおしまい』と捨て置くわけにはいかんと思ってますので、懲りずに話題に出します。

 

Q: 上限3万円の制度ですけども、おひとり平均で構わないのでどのくらいの金額で申請されてるもんですか?

A: 28,000円ですかね。

 

(´-`).。oO(…いや、もうちょっと低いかなって思ってました。でもね、港区のこの制度は複数レシート合算の申請が特徴だと思うんですよ。せっかく合算できるんですもの、広く知ってもらいたいと思いますんでよろしくどうぞ。)

 

Q: 関係団体からどんなご意見いただいてますかね?

A: 退院後の広報で購入費の助成を知ったとか、もっと広く知ってもらえるようしてほしい、などのポジティブな意見を。区と連携協定を締結している企業から医療機関に対して、個別に助成制度の周知を行いましてね。医療機関からは院内全ての診療科で医師が認識するようになり患者に案内できるようになったとか、港区在住者がいれば制度の活用を紹介したい、などの意見をいただいておりますー。

 

(´-`).。oO(…この制度、必要な方にもっとご利用いただきたいものと同時にですね、制度を利用してもらう必要がないくらい健康対策とか技術の発展がされればなって思うこともあるんです…)

 

(´-`).。oO(…こういう見た目に関することって、がん治療だけじゃなくってもですね、けがや病気で欠損した部分を補うエピテーゼとかもありますし、QOLの向上のために色んなこと考えられますので、港区すばらしいわと思われる制度を今後もよろしくどうぞ。)

 

がん対策

ある意味研究畑の出身としてみれば、サイエンスの基礎は基礎研究です。そういえば先日、ノーベル医学生理学賞の発表がありました。『何ができるかではなく、何を知りたいかである』と、そんな深いコメントをどれだけの方が心からそうだねと賛同してくれるだろうかと、毎度基礎研究者の言葉が心に沁みます。そしてそういう研究に『何ができるか、という部分に協力するぜ!』と莫大なやる気と労力と資金を投入できる企業があって、はじめて治療薬というものができあがります。基礎研究者100人いても、手を挙げてくれる企業がいなければ医薬品承認に求められる厳しい基準をクリアするには難しい。

基礎研究の大切さというものをケチらないでいただきたいということを改めて思い、また開発しようとがんばった国内メーカーに最大級の感謝を。

 

Q: えーと、東京都が色々各自治体がん検診の調査をしてる中で、まったくもって不十分な『プロセス指標』というのがあります。要はがん検診受けてから確定診断までの流れの把握がまったくできてないと。要精密検査結果を受けて再検査した率とかしてない率とか。港区でも大切ですよね、こういう指標って?

A: そうですね、精密検査受診率が低く未受診や未把握の比率が高くなってます。これは精密検査の受診勧奨が不十分だった上、区外での受診など医療機関から報告のない事例が統計に反映されていなかったことが影響してるかと。なので今年度から精密検査を把握する仕組み作りましたよ。

 

(´-`).。oO(…保健所、頑張ってくださいね。こういうの調べてくと色んなことわかると思うんですよ。偽陽性が多かったら施設の検診精度と関係するかもしれないし。がんばってくださいねー。)

 

以上。衛生費。


 

港区議会 決算 土木費

この定例会の代表質問で少し前フリをしたんですが、土木費はがけ・擁壁の改修工事助成急傾斜地の土砂災害建設業者への指導について。坂の多い港区ですもの、自然災害でどうかなるかもしれない前にどうやって何をどうしたらいいのか、そういうの示してもらわないと地域の人困っちゃう。

 

がけ・擁壁の改修工事

 

各自治体、色んなハザードマップというのを作ってます。その中で、港区土砂災害ハザードマップコチラからどうぞ)というのがありましてね。東京都が指定したがけ崩れ危険の危ないとことかその周辺とか、少し書いてあるわけですよ。裏にですね、がけとか擁壁の改修工事費用の一部を助成します!とあるので、まずはそこらへんから質問スタート。

 

Q: えーと、土砂災害を防ぐために平成27年からこの助成制度ありますね。これまでの助成実績ってどんなもんでした?

A: 27年度が1件、28年度が3件、29年度が1件、今年度は現在まで2件の合計7件ですね。

 

(´-`).。oO(…少なくね?そりゃそうか…工事するにもお金かかるし、どこの場所で工事してほしいとか知る術がないし、そもそも区が依頼してるわけでもないし。)

 

Q: えーと、がけとか擁壁の工事って土砂災害対策なわけですよね。やっぱりですね、住民の安全を支援していただきたいんですよね。だから助成額を引き上げたり、新しい何かだったり、そういうの必要だと思うんですけど?

A: 確かに雨とか地震とか、がけ崩れが起こるかもしれない場所ありますし、その周辺で不安を感じてることは認識しているんですよ。助成額を含めた見直しはですね、まだ実績が少なくて見直しまで至らなかったんです…。実績が増えたら再度検証してですね、より区民が利用しやすい制度となるようにがんばります…

 

(´-`).。oO(…よろしくお願いしますね)

 

土砂災害ハザードマップ

で、先ほどのハザードマップに戻るんですけど、東京都が指定したレッドゾーン・イエローゾーンの他に、港区が独自で設定している「工作物等基礎調査」というのがありまして、独自の目視調査の結果で「安定度の低い急傾斜地」というのを指定してるんですね

 

このハザードマップ見てると、「あれ?なんでここ区の独自指定になってないの?」と言うようなとこもあるわけです。おかしい、基準がようわからん。ま、所詮は目視(見た目)だしな。

 

なにこの安定度の低い急傾斜地って。ほら、ここに書いてあるやつ。何かあったら崩壊しそうで心配だわという地域の方が心配してるとことも違うんですよ。というか、平成23年の目視調査から何もアップデートもされてなくてほったらかしなんですけど。

 

Q: ハザードマップを作るのは防災課になるんだろうけども、基礎となる部分は土木の所管で判断しなければ全体の防災計画に影響するよ?がけとか擁壁とか斜面地について、行政は何ができるの?

A: 現在、東京都は土砂災害防止法に基づいて擁壁とかの基礎調査をしてる真っ最中でして、今後新たなレッドゾーンとかイエローゾーンが設けられるはず。その時は港区もハザードマップを改訂しますけど、土砂災害の恐れのある場所について、適切な基準を明記することを考えてます…。それまでは定期的にパトロールしますし、所有者に説明したり助成制度のご案内したりします…。

 

(´-`).。oO(がけとか擁壁をお持ちって、がけをはさんで上か下かで言ったら上の方が所有者ですよね。それにしても、新しい基準を今後設けてちゃんとするのであれば、この古い目視の調査のやつ無くしていいと思います…。)

 

建設業者への指導

えーと、どことは言いませんよ?住民とか地域の声を「あんたらの話は一切聞かぬ」という業者があるのも事実でですね、心苦しいんですよそういうの。不満の矛先が行政に向くのを見るのも心苦しいわけ。

 

Q: 業者と地域の話し合いに入ってもらえませんかと何回かお願いしましたよね。んで、行政のみなさんもすごく複雑な感情持たれてると思うんです。業者への指導、適切に実施されてますかね?限界感じません?

A: 区は、地域の方から相談があったときには、その内容を丁寧にお聴きした上で、直ちに建設業者へ連絡をとり、対応の検討を要請しております。必要に応じて、建設業者と面談し、適宜具体的なアドバイスをしながら、地域の方の不安や不満の解消に努めるように指導しております。それでもなお、地域の方の不安が解消されない問題などが残っている時などについては、任意の説明会や話し合いの場を設定するなどして、より丁寧な説明と不安解消のための対応策を検討するように、建設業者を指導しております。引き続き、誰もが安全で安心して過ごせるまちづくりに取り組んでまいります(棒読み)。

 

(´-`).。oO(難しいお話だと思うんですけど、またお手伝いをお願いします…。というか助けて港区。)

 

土木費、以上。順番が逆になったけども、次は産経費、衛生費、教育費で。